« メ☆リ☆ク☆リ☆ | トップページ | IMAC&IPAD2 »

2011年12月14日 (水)

2011☆BOOKランキング☆下半期

今年は、私が今までで、1番読書した年になりました。といってもいつも読まなさすぎなんですけど・・・、いろんな本に出会って自分の思考が変わったところもありました

そこで、上半期と同様に、下半期にもランキングをつけて、私のイチオシを紹介したいと思います

№1 ジェノサイド  高野 和明

№1 奇跡の教室  伊藤 氏貴

№3 ASIAN JAPANESE  小林 紀晴

おしくもランキング外 贖罪  湊 かなえ

№1が2冊という結果になってしまいました小説とドキュメンタリー系という、種類の違う2冊だったので、どうしても選べませんでした。どちらも、驚くような展開の小説と、驚くような教育方法で、読み応えのある本です。自分の決めたことに突き進むところは、似てる気がしました。

№3の小林さんの本は、読んで2回目でしたが、日本人としての自覚をすごく感じさせる本です。いろんな日本人の人生を、のぞき見したような本。

おしくもランキング外の湊かなえさんの本は、来年1月8日~WOWOWでドラマ化されます。見えない心の内がそれぞれあって、本はかなりおもしろかったです

だんだん自分の本の趣味というのも、変わってくるものですね。以前では読まなかったような本を手に取ってる自分が不思議です

まだこの後のブログに、『年間の印象に残った本ランキング』もまとめたいと思ってます

|

« メ☆リ☆ク☆リ☆ | トップページ | IMAC&IPAD2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011☆BOOKランキング☆下半期:

« メ☆リ☆ク☆リ☆ | トップページ | IMAC&IPAD2 »