« ハロウィーン☆ハロウィーン | トップページ | BOOK☆36 »

2011年10月21日 (金)

勝手にシネ談

またまた久し振りですが、時間を見つけてを観てきました

今回は市川海老蔵さん、瑛太さん主演、三池監督作品の

「一命」です。

時は天下泰平の世、武士にとっては、成り上がるお家と、

落ちぶれるお家の差が、ハッキリ出てしまう世の中。

そんな中で、「武士の面目」ってなに

って話なんですけど・・・・・。

たしかに、プライドを持って生きて行きたい。

ですが、プライドではメシは食えない。

う・・・・・ん痛いところをつく映画でした。

ただ、前の記事ではないですが、

「死」を意識した時、そんな事は消えてなくなる訳ですから・・・。

なんて考えも浮かんでしまいました

しかし、相変わらずの海老様の目力もスゴイですが、

今回は、増島ひかりさんが素晴らしいと思いました。

元フォルダー5、恐るべしです。

|

« ハロウィーン☆ハロウィーン | トップページ | BOOK☆36 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝手にシネ談:

« ハロウィーン☆ハロウィーン | トップページ | BOOK☆36 »