« 上半期☆BOOK 番外編 | トップページ | ゲキXシネ »

2011年6月27日 (月)

BOOK☆25

最近ミステリーのハラハラ、ドキドキ感の良さがわかってきました。

R0012559

ファントム・ピークス / 北林 一光

これは、最後が《人間》として悲しく思う1冊でした。

はじめは姿の見えない相手に怯えて、徐々に明らかになってくる、犯人。

つきとめたところで、結局は人災。

これを読むと、少しは自然のことや、今よく言われる節電のことをまた考える機会になると思います。便利な世の中になっている今、自然も人間の都合のいいように、共存させてるのかもしれませんね。

|

« 上半期☆BOOK 番外編 | トップページ | ゲキXシネ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BOOK☆25:

« 上半期☆BOOK 番外編 | トップページ | ゲキXシネ »