« いちご狩り | トップページ | 大丈夫ですか~!! »

2011年3月10日 (木)

BOOK☆12

たて続けですが、本の紹介です

この本は、出た当初から気になってはいたんですが、なかなか手に取って買うことができず、最近本屋のオススメとして置いてあったので、やっと買いました

Mini3

『叫びと祈り / 梓崎 優

これは、《斉藤》という人物を中心に、さまざまな国や状況で起こる、サスペンスの短編が入っています。

国が違うと、読んでてもなかなか風景が思い浮かびにくく、想像力に乏しい私では、ちょっと難しい内容でした。いろんな国の文化的な背景がありつつ、殺人が起こっていって、《斉藤》自身も、殺人ではなくても生きて帰れるのかとハラハラしてしまいます。

最後には、《斉藤》自身もビックリな、私の許容範囲を超えた驚きの結末でした

これは読んだ後、「全てがわかる」というような内容です。

|

« いちご狩り | トップページ | 大丈夫ですか~!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BOOK☆12:

« いちご狩り | トップページ | 大丈夫ですか~!! »