« 男性合唱団 | トップページ | 立て続けにシネ談 »

2008年5月14日 (水)

久々のシネ談

お客様に、チケットを頂戴して、やっと行ける事が出来ました。

ジョージ・クルーニー主演「フィクサー」です。

いつものような、スタイリッシュでかっこいい役ではなく、

借金を抱え、ギャンブルに興じ、将来に不安を感じている弁護士。

長く争っている大手会社との訴訟で、友人が原告側に寝返り、

あいだに入っている内に、友人が殺され、自分も命を狙われる事に。

素直な感想は・・・・。

難しかったって感じです。

痛快なアクションでもなく、当然ファンタジーでもロマンスでもありません。

現代のストレス社会で、みんなが自分のポジションで必死に生きている。

仕事を遂行するには、手段を選んではいられないって感じが、

伝わってきました。大人の映画でした。

それでも、ジョージ・クルーニーはカッコいいなぁ~。

Oさん、チケットありがとうございました。

|

« 男性合唱団 | トップページ | 立て続けにシネ談 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々のシネ談:

« 男性合唱団 | トップページ | 立て続けにシネ談 »