« もうX'mas! | トップページ | ちょっとしたご褒美 »

2007年11月14日 (水)

勝手にシネ談

久しぶりに映画へ行ってきました。またもや邦画ですけど、

役所広司さん主演、「象の背中」です。

原作は秋元康さん。他の配役には、今井美樹さん、井川遥さん等

蒼々たるメンバーでした。

「ある日、突然がん告知され、余命半年と宣告される」

そんなところから話は始まります。

主人公は治療をする事をせず、残りの人生を生きる事を選択します。

「死ぬまでは、生きたいんだよ。」というセリフは、

非常に考えさせられました。

その後、初恋の人や、学生時代の親友などに会いに行ったり、

仕事上、倒産させてしまった会社の元社長にシバかれたり、

自分の居なくなった後にどれだけのお金がいるのか?計算して

金策に走ったり、などなど必死に生きるわけですよ。

あんまり書くと、全部話してしまいそうですので、ここらで・・・・・。

ただ、タイトルにもなっている「象の背中」ですが、

象は自分の命があと少しと悟ると、静かに群れを離れて、

一人で死に場所を探すそうです。

強いですよね。象は。

なんかカッコいいですよね。

果たして、自分はどっちだろう?あなたはどっち?

|

« もうX'mas! | トップページ | ちょっとしたご褒美 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝手にシネ談:

« もうX'mas! | トップページ | ちょっとしたご褒美 »