« 2007年初打ち | トップページ | めでたく!? »

2007年1月31日 (水)

勝手にシネマ談義vol2

ご好評(?)につき勝手にシネ談vol2でございま~す。

今回の作品は、どうしても観たかった。いや、観なきゃいけなかった作品と、

位置付けしていた、渡辺謙さん主演、クリント・イーストウッド監督作品。

「硫黄島からの手紙」です。

戦争映画好きの私としては、キャストや、前評判などからかなりの期待を

していました。  観ている最中、かなり感情移入している自分を、

発見しました。身籠った妻を置いて出征する気持ちや、みずから志願した者の

本当の気持ちや、「これまで」と自ら命を絶たなければいけなかった、

当時の教育や思想。極限状態での判断力などなど・・・・・・。

数えればきりがないくらいでした。ここ最近の邦画の戦争映画は、

とても好きですね。(例えば「男たちの大和」など) 共通して言えるのは、

ちゃんと現代が描かれてそこから遡っているというところでしょうか。

そうする事によって、逆によりリアルにその時代の事が伝わってくるのかな?

なんて偉そうに言ってみました。(最後の二宮君のシーンは、日本人なら

誰しも解る感情をとてもリアルに演じていたと思います。)

さらに、驚きなのは、監督が日本人ではない事でしょうか?(さすがクリント!)

一昔前なら「ケンさん!」と言えば、高倉健さんだったと思いますが、

今は、確実に渡辺謙さんなのでは、ないでしょうか。(でも鉄道員は泣いたよな~)

ぜひご覧になってみてください。映画って本当にいいですよね。

っと水野晴郎風にシメてみました。

 

|

« 2007年初打ち | トップページ | めでたく!? »

コメント

月1シネマ・1プレイ・1ブック・・・真似して立てた2007年の目標。 
1月は早くも未達成で終わりましたが、今月は達成したいと思っています。
まず選んだ1シネマ「幸せのちから」
いかにもアメリカらしいサクセスストーリー
「男の涙」にめっぽう弱い私はイチコロでした。
1プレイは名古屋では達成できそうにないので、京都遠征を計画中です。

投稿: May-1 | 2007年2月10日 (土) 23時32分

MAY-1さんへ
書き込みありがとうございました。
そして、返信遅くなりすみませんでした。
私も、月1シネマは、クリア出来ると思って
いるのですが、月1ブックは正直厳しいです。
買ったはいいものの、まえがきから、さっぱり
進みません。読んでいると、いつの間にか、
寝ています。私にとって、どんな薬よりも効く
睡眠薬のようです。また、オススメ本を教えて下さい。
追伸
おいしそうなカマでしたね。
トロカマなんて最高ですよね!

投稿: REGISTA | 2007年2月17日 (土) 18時44分

よくわかりましたね!!トロカマだって!?

投稿: May-1 | 2007年2月27日 (火) 18時02分

MAY-1さんへ
やっぱり、ぶりカマよりもトロカマだと思います。
それに、グルメじゃないですか!MAY-1さんは。

投稿: REGISTA | 2007年2月28日 (水) 22時51分

いやいや、そ~でもありません・・・ただ私の周りの人間がグルメなので、少なからず影響されているのかも・・・
なんて書き込みしているうちに、月が変わり3月突入!
髪、切らなくちゃ・・・春ですから・・・

投稿: May-1 | 2007年3月 1日 (木) 00時15分

ありがとうございます。
お待ちしています。だって桜の季節ですもの。

投稿: REGISTA | 2007年3月 2日 (金) 22時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝手にシネマ談義vol2:

« 2007年初打ち | トップページ | めでたく!? »